Top > 表組の編集支援プラグイン

表組の編集支援プラグイン
HTML ConvertTime 0.050 sec.

表組の編集支援プラグイン

#table_edit2を使うと編集支援機能が使えます。
テーブルヘッダ行を指定しているときはヘッダ行が編集時に利用されます。
各オプションの区切りにはカンマ「,」を使います。
PukiWiki:http://taru.s223.xrea.com/index.php?PukiWiki%2Fmake%2Ftable_edit2.inc.php

オプション引数記述例説明役割
editonedit=on,行・列編集ボタン「edit_button.png」のon,off、デフォルトではon
editのオプションを省略した場合は常時on
行・列編集ボタン「edit_button.png」の表示。
ただし、ページが読取専用、凍結の時は強制offになります。
offedit=off,行・列編集ボタン「edit_button.png」の非表示
オプションの「table_mod」の引数に関係なく、表組先頭の右側に「鉛筆」または「×」アイコンでの切り替えを表示しなくなるのでクリックでの編集はできなくなります。
table_modopen,table_mod=open,行・列編集ボタン「edit_button.png」の表示を表組先頭の右側にある「鉛筆」または「×」アイコンをクリックで切替を行います。
クリックで構文のソースページも自動的にon/closeに書き換えられる。
編集支援機能on
行・列編集ボタン「edit_button.png」を表示します。クリック後に、表示されている×アイコンをクリックすると非表示に変わります。
close,table_mod=close,編集支援機能close
行・列編集ボタン「edit_button.png」を非表示にします。openの逆機能
off,table_mod=off,この機能を使わずに、オプションのeditで行・列編集ボタン「edit_button.png」表示のON/OFFを切り替えるようにします。この機能を使えなくします
表組先頭の右側に「鉛筆」または「×」アイコンを表示しません。
title_c数字,title_c=1,列編集の時、指定した列番号が列の編集セルタイトルになります。
(Ver1.3以降の新機能です)
編集時の項目名を任意のものに変更する
「数字」は編集時のセルタイトルとして使用したい文字列が記載してある列の番号。
※この表組で言えば1列目は「オプション」2列目は「引数」に当たるが、縦の列を指定します。指定してあると縦列編集時のタイトルとして使用されます。
このオプションの指定がないときはデフォルトでは各項目に(1)(2)(3)(4)(5)…という項目番号が割り振られる。

※縦の列なので「Title_r」のような書式指定行を設定することはできない。既存の表示可能な列を指定することになります。
title_r数字,title_r=3,行編集の時、指定した行番号が行の編集セルタイトルになります。
(Ver2.1以降の新機能です)
編集時の項目名を任意のものに変更する
「数字」は書式設定行を記述している行の番号か、編集時のセルタイトルとして使用したい文字列が記載してある行の番号。
※ヘッダー行を指定する場合が多いが、セル結合をしていてうまく動作しない場合にはタイトルを記述した書式指定行を用いる。
 |任意タイトル1|任意タイトル2|任意タイトル3|c

上記のようにタイトルとして使用したい文字列を書式指定行として用意しておき、書式指定行の行番号を指定する。
このパラメータの指定がないときはデフォルトでは各項目に(1)(2)(3)(4)(5)…という項目番号が割り振られる。

※表組本体部分の書式指定行よりも前に配置していない場合、表の書式指定が働かなくなるので注意する。
td_editoff,td_edit=off列編集機能ボタンの表示・非表示非表示(Ver1.8以降)
edit,td_edit=edit編集ボタンのみ表示Ver3.0
add,td_edit=add追加ボタンのみ表示Ver3.0
tr_editoff,tr_edit=off行編集ボタンの表示・非表示非表示(Ver1.8以降)
edit,tr_edit=edit編集ボタンのみ表示Ver3.0
add,tr_edit=add追加ボタンのみ表示Ver3.0

Ver2.0から入力支援機能として、書き始めに記入用のフォームが利用できます。

#table_edit2

行頭に上記のみを記述すると初回のみ、テーブル作成の初期設定メニューを表示します。
初期設定メニューの「OK」をクリックすると表が作成されます。

  • 初回設定メニューのサンプル画像(行頭に #table_edit2 のみを記述した場合)
    編集支援機能の初回設定メニュー.png
書き始めの記入用のフォーム
表示説明役割
make_table.png表組を作成する際に行数と列数を指定するチェックすると機能を使用する。デフォルトではON
チェックを外すと行数1列数2だけの表を作成する。
column.pngmake_tableにチェックされている場合にのみ機能する。作成する表組の列数(横)を指定する。
row.png作成する表組の行数(縦)を指定する。
edit.png行・列編集ボタン「edit_button.png」表示のon,offオプションを使うかどうかを指定。editにチェックするとeditオプションを記述し、ラジオボタンのon/offが有効になる。
editにチェックしないときは、editオプションを記述しないのでラジオボタンのon/offが無効になる。
table_mod.png行・列編集ボタン「edit_button.png」の表示を表組先頭の右側にある「鉛筆」または「×」アイコンをクリックで切替する機能を使用するかどうかを設定。table_modのチェックを外すと「OK」を押しても表組を作成しません。
open,close,offのオプションは表組作成時に利用するモードを指定します。
title_c.pngtitle_cオプションを使うかどうか?数字は列編集時に使う列番号を指定します。title_cにチェックされていないときはオプションを使用しませんし、数字は意味を持ちません。
OK no time stamp.png設定を確認して問題がなければ「OK」ボタンをクリックで表組を作成します。no time stamp表組を更新時にタイムスタンプを更新するかどうかの指定。
チェックしていてもチェックしなくても現状は効果に変化がないようです。
(タイムスタンプを更新しません。)

書式指定あり1

#table_edit2(edit=on,table_mod=open,title_c=1,title_r=2,td_edit=edit,tr_edit=edit){{{
|↓縦列↓|TR|TR|TR|
|TD||10月|11月|
|TD|りんご|1個|2個|
|TD|バナナ|3個|4個|
|TD|みかん|5個|6個|
}}}
  • ,td_edit=edit,tr_edit=edit を使用して行と列の追加機能をOFFにし、編集のみ可能としています。
↓縦列↓TRTRTR
TD110月11月
TD2りんご1個2個
TD3バナナ3個4個
TD4みかん5個6個

書式指定あり title_r

#table_edit2(,table_mod=close,title_r=2){{
|TR|TR|h            ←1行目 テーブルヘッダ
|任意タイトル1|任意タイトル2|c ←2行目 編集時用の書式指定行
|あいうえお|あいうけこ|     ←3行目 
|かきくけこ|かきくせそ|     ←4行目

}}

使用例:右端方向に鉛筆アイコン、「X」アイコンがある  → → →

TRTR
あいうえおあいうけこ
かきくけこかきくせそ

書式指定なし

#table_edit2(,table_mod=close){{
|TR|TR|h            ←1行目 テーブルヘッダ
|任意タイトル1|任意タイトル2|c ←2行目 編集時用の書式指定行
|あいうえお|あいうけこ|     ←3行目 
|かきくけこ|かきくせそ|     ←4行目

}}

使用例:右端方向に鉛筆アイコン、「X」アイコンがある  → → →

TRTR
あいうえおあいうけこ
かきくけこかきくせそ

書式指定なし ヘッダ行なし ,td_edit=off

#table_edit2(,table_mod=close,td_edit=off){{
|任意タイトル1|任意タイトル2|c ←1行目
|あいうえお|あいうけこ|     ←2行目 
|かきくけこ|かきくせそ|     ←3行目

}}
  • ,td_edit=offを使用して縦列編集機能をOFFにし、行編集のみにしている。

使用例:右端方向に鉛筆アイコン、「X」アイコンがある  → → →

あいうえおあいうけこ
かきくけこかきくせそ